科学の証明

科学は全てを証明し得るだろうか?

少なくとも、すでに世の中の事象の大部分は科学的に説明可能なように思える。

神の存在、人の感情、魂、心、愛憎、善悪、 自然災害 、政治システム…
無知な人類が、それを補う想像力で育み打ち立ててきた存在や概念は、今やその殆どが科学的かつ論理的に説明できるものだ。

もしかして、地球上の事象のみならず、全宇宙の事象の仕組みまでもが、科学によって解明される日は近いのではないか?


しかし、現実はそれとは程遠い。


人の感情を例に挙げてみよう。感情は、脳内のニューロンの電気信号による複雑なアルゴリズムの産物であることは周知の事実である。それは決して、心の揺れ動きや魂の叫びなどといった目には見えない神秘的な事象ではない。しかし、仮に喜びの感情を引き起こすアルゴリズムAがあったとして、そのアルゴリズムAがなぜ人に「喜び」の感情を自覚させ、また別のアルゴリズムBがなぜ人を「怒り」に震えさせるのかは、まだ完全には解明されていない。

神はどうか。古来より人々が崇めてきた神は100%存在しないということは、科学的にはいとも簡単に説明できる。しかし、未だ我々の知らない新たな神と位置づけるべきものが存在しないとは言い切れないし、仮に物理的な神が今も昔もこれからも存在しなかったとして、それでも信仰の対象としての神の存在が科学的には全く無意味とは断言できない。

社会科学の観点から、民主主義という概念は今でこそ人類が導き出した最善な答えに思える。しかし、ウィンストン・チャーチルの言葉を借りるなら 「民主主義は最悪の政治。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けば」 となる。社会主義の失敗を引き合いに出して民主主義こそが最適解と説くことはある程度可能かもしれないが、それが絶対的な正解などと誰が説明できるのか。

愛には理由がある。しかし、人々はしばしばその理由を説明しきれない。あまつさえその甘美な存在を、醜悪な憎しみに挿げ替えたりする。愛とは何かと問うたところで、要領を得ない答えが返ってくるだけだろう。

善悪は定義だ。人に親切をして施すことは善と定義されるだろう。人を殺めることは悪と定義される。しかし、施しを受けた人間は堕落する可能性があるとしたら?敵を殺すことでしか助からない命があるとしたら?
善悪の定義は時代や状況によって変化する。一体何が善で何が悪か。人類史が始まって以来、それらが確定し不変のものになったという気配はない。


冒頭で、世の中の事象の殆どは科学的に説明できると述べた。
それが誤りだとは思わないが、それでも上述の通り、まだまだ世の中には科学の力を以てしても難解で不明瞭なことが多い。

果たして、人類が全宇宙の事象を科学の力で解き明かし、それによってあらゆる困難や不幸を払いのける日は来るのだろうか。

宇宙の無限で爆発的な拡大を上回るほどのスピードで科学が発展し続けない限り、そのXデーの到来は夢幻(ゆめまぼろし)にさえ思えてくる。
であるならば、人類は科学に変わる代替案を用意しておくべきか?
または、非科学的な超常現象を拠り所にして、終末に向けて逞しく生きていく道を模索し続けるべきか?

否、我々にはやはり科学の力が必要だ。

これまで、科学の進歩によって多くの不可能が可能になった。
永遠に宿命づけられたかのように思えた人々の苦しみのいくつかは、科学の力によって葬り去られた。そして、世界には科学では説明しきれない事象や解決されていない問題が無数に存在し続けている。
つまり、科学にはまだ発展の余地が数多く残されているということだ。それは、人類にはまだ幸福になれる余地が十分に残っているという意味でもある。

これからも、人類が非科学的な拠り所を必要とするタイミングはあるだろう。たとえその拠り所が、実はとても科学的で物理的な事象に由来するものであったとしても、人々の理解がそれらに追いついていない以上、非科学的なアプローチは避けては通れない。

しかし、人類が幸福と発展を求め続ける限り、科学の発展への道が途切れることは決してない。科学は非常に優秀な幸福実現のツールだが、まだまだ万能とはいえないからだ。

科学の証明は、まだ始まったばかりだ。

歴史の意味

歴史を学ぶ意味って何だろう?

「歴史は過去。過去は取り戻せない。
 終わったことだ。大切なのは未来!」

ごもっとも。
間違っちゃいない。

過去を振り返っている暇はない。
歴史を学んだところで何になる。
我々にとって大切なのは未来だ。

というわけで、未来に向けての準備をしよう。
幸福になるための準備だ。

っと待てよ、未来ってどんな感じだ?
どんな準備をすればいい?

少し不安だ。

まぁ、でも心配ない。

未来の世界では、現代よりもはるかに科学が進歩していて、より便利な世の中になっている。
貧困は過去の遺物。人類はより豊かになっている。
地球環境は悪くなっているかもしれないが、たぶん科学の力が何とかしてくれる。
だから心配なんていらない。

人類は進歩している。
人類の未来は明るい。

歴史を振り返る必要なんてない。
未来への準備も必要ない。

なぜなら、人類の幸福はすでに約束されているのだから。


さて、未来の世界において人類の幸福が約束されていることはわかったが、念のため過去がどうであったかも見てみよう。

どれどれ・・・


なんと!今の世界とは比べ物にならないくらい貧しくて不便だ。
一部の富裕層を除いて、人々にはあらゆる物が不足している。

欲しいものが1クリックで届かない。
2クリックすればなんとか・・・

いや、スマホはおろかパソコンすらない。

そもそもインターネットが存在しない。

りんご?
りんごは食べられるが、そんな贅沢品がおいそれとあるわけではない。

流行り病。悪夢だ。
しかし、神は我々を見捨てない。祈るのだ。
それが救いへの唯一絶対の道・・・

何?道はほかにもある?
そんなもの、あるわけないがない。

ggrks?どういう意味だ?神への祈りの言葉か?

ふぇいすぶっく?ちょっと何言っているかわからない。

ああ、この世は苦難に満ち溢れている。
神よ、どうが天国への道を、我に示し給へ・・・


このように、過去は現代と比べて不幸な出来事や不便が多かったかもしれない。

しかし、我々は過去から学び、進歩してきた。

現代世界はこんなにも豊かだ。
まだまだ完璧ではないが、幸福と物に満ち溢れている。

欲しいものは、それがたとえ地球の裏側にあったとしても手に入れられる。
あなたが片時も手放そうとしない、その美しいデザインの端末 iPhone で。

インターネット上では世界中の誰とでも繋がれる。
Facebookアプリを立ち上げれば、幼少のころに遊んだっきりで何年も会っていない友人といとも簡単に再会できる。
別れた彼氏(彼女)のストーキングだって可能だ(おすすめはしない)。
孤独なんて存在しない。

知りたいことはGoogle先生がなんでも教えてくれる。

何と満たされた世界。
これこそまさに人類が求めた世界、そしてこれからも求め続けていく世界の姿だ。

しかし、何故だろう。

幸せな世界、満たされた世界。

科学はより進歩し、より幸福に、より便利な世界を作り上げてきた。

知識だって蓄えてきた。
知の体系は脈々と受け継がれてきたはずだ。

にも関わらず、何故だろう。

まだ、自らの命を絶つ人々がいる。
人々の命を奪う、狂気の集団行為を匂わせる情報が流布している。
単純で幼稚で無知なカテゴライズによる差別が存在する。

おかしい。

もう食料不足に困ることはない。
餓死することなんてあり得ない。
治る病気も多い。
ガンだって不治の病でなくなるかもしれない。
銃弾の雨を掻い潜る恐怖に怯える心配も無さそうだ。

それにも関わらず、なぜ人は自ら死を選ぶ?
なぜ人の命を奪う?

死を論ずるのは極端かもしれない。

不幸な事故は当然起こりえるが、我々の死に対する恐怖心や距離感は、過去のそれと比べて明らかに遠ざかっているはずだ(死後の世界は消滅してしまったが)。

死を可能な限り遠ざけることができれば、幸福は約束されたも同然ではないのか?
もしそうであるならば、なぜ我々は日々の生活に不安と孤独を感じ、人生について考えることに憔悴しきっている?

世界は、確実に幸福への道を歩んできたのではなかったのか?
科学の進歩は、我々の幸せに対する欲求に漏れなく応えてくれるのではなかったのか?
あらゆる不幸や困難から我々を逃がしてくれたのではなかったのか?

何が間違っている?
未来は、本当にこのまま良くなっていくのか?


どうやら、未来の世界において人類があらゆる不幸と困難を振り切り、幸福で満たされるという絶対的な保証は無いらしい。

当然、現代の世界においても全人類の幸福は保証されていない。

人類は過去から学び、進歩し続けてきた。
主観的ではあるが、未来が過去より良くなったという実例は枚挙にいとまがない。

しかし、過去から学び反省するだけだけではどうにもなっていないことがあまりにも多い。

もしかして、過去に何が起こったかを知るだけでは不十分なのではないか?
歴史を学ぶということは、過去に起こった失敗を知り、それを繰り返さないということではないのか?

察するに、それだけでは不十分だ。

歴史から、表面的ではない人類の本質を探ることが必要だ。
それはつまり、歴史の繰り返しから人類の本質を理解するということだ。
そうしないと、人類は同じ失敗を何度も繰り返す。

これまで、人類は歴史から自分達が何者なのかを探り、本質を見極めようとすることでよりマシな選択肢を取ってきた。そしてそれは今後も変わらないだろう。

未来を予測することは不可能だが、 想定される無数の未来の中で人類がどのように振舞うかという予測は、きっと可能だ。

それが未来に対する準備だ。
不確実な未来の中でも、何とかより良い道を選択できるようにするための準備だ。

歴史を学ぶ意味が、ここにある。

ポリシー

Smart

賢くなりたい
しかし、それはとても困難な道
なぜなら、賢くあろうとすればするほど、自分の愚かさを知るからだ
それでも、賢くなり続けることは喜びだ
終わりなき賢者への道が果てしなく続くならば、それはとても幸せなことだ

Creative

創造したい
しかし、それは容易くない
創造とはゼロからなにかを創り出すことであり
他者の真似だけでは実現できないからだ
それでも、先人たちの足跡を注意深く見つめ、時には模倣することによって
ふと、新たな創造のアイディアが降りてくるのだと思う
創造的であると決意する
それが、創造的であるための最初の一步だと思う

Humorous

滑稽でありたい
笑いのない人生などつまらない
しかし、不幸な出来事は起こる
避けられない困難も降り掛かってくるだろう
それでも、最後はそれらに向けて、深みのあるおかしみを以ってほほえみたい
常に乗り越えること
常に笑うことが
幸せな人生を送るための秘訣だと信じている